工具ONE とは

<製品概要>

工具ONE」は、IoT機器やRFID(※UHF帯RFID)」装置を活用した、工具・計測器・備品などの持出・返却を管理するシステムです。現場の点検管理業務の改革や生産性向上に踏み出す企業へ向けた、現場作業者やマネージャーが必要とするソリューションとして活躍します。

こんなお悩みありませんか?

● 工具・計測器・備品などの持出・返却を管理したい。

不正持出の検知と警報システムを導入したい。

● 手書きの持出・返却管理をやめたい。

● 棚卸工数を削減したい。

現場の点検業務全般では、パートナーとなる外国人とのコミュニケーションなど、必要とされるスキルは年々増しています。経営上の重要なファクターでありながら、遅れる現場の点検業務の改革は、昨今のテクノロジーの進化によって、大いに実現の可能性が高まってきています。「工具の持出・返却管理システム」は、多くの企業で持出管理シートやチェックシートを業務で管理し、現場は社外に出ると電話しか連絡手段がなく、従来の紙での管理やメールなどで運用を回しており、結果、間接業務ばかりが増え、経営に必要な情報を管理できない場面が課題となってきています。

一口に「工具の持出・返却管理」といっても、一つのツールに対して、在庫数だけではなく、現在の状況から、利用者や現在地、その使用頻度といったさまざまな情報を紐づけて情報を管理する必要が出てきています。

「工具ONE」なら、あらかじめ設定した関係者全員に対し、一元共有・管理が可能です。

<特徴と特長>
「工具ONE」は、IoT機器やRFID装置などの各種センサーとの連携が可能です。

また、連携APIの提供により、稼働中の御社管理用設備のほとんどと、シームレスでつながるので不要な設備投資が必要ありません。(※一部特殊な例外を除きます)

例えば、RFタグを備えた「工具や計測器(ツール)」等、固定資産を管理する倉庫があった場合、ハンディリーダーとスマホやタブレットがあれば、「棚卸し」作業の工数を一気に削減することが可能となります。その報告作業も、そのまま同じスマートデバイスでできるので「現場の点検管理の業務」に注力できます。

<主な活用企業>

・インフラ企業
・交通系企業様
・フィールドサービス企業
・製造業
・グローバル企業様
・レンタル企業様
・通販企業様
・流通業様
・中堅建設系企業様

すでに多くの業種業態で、ご利用いただいております。

<カスタマイズ例>

当社システムエンジニアによる徹底サポートにより、培った管理運営業務に沿った業務フローを短時間に構築いたします。

一例として、

【大手設備系企業様】

・現場ごとに異なる、工具、什器、部材管理の方法の伝達に、これまで何十時間もの研修を必要としましたが、口頭でのレクチャーのみで可能となりました。

【グローバル企業様】

・海外事業部と、現地作業員とのやり取りを、東京本社、現地ブランチ管理チームとで一括管理することで、紛失防止や盗難防止、「物理距離」による煩雑さを解消いたしました。

数百人以上の大規模企業様から、短期間の小さな現場まで、あらゆるニーズに対応可能です。詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

Top